--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-10-30

善知識には無条件服従しなければならないのか 5

善知識への無条件服従が間違っていることは、多くの方に理解して頂いていると思いまして、これ以上このことで書くつもりはありませんでした。しかし、ある変わった方からおもしろい意見を言われましたので、他の方から頂いた御意見も交えながらもう少し書いてみます。


説明するまでもありませんが、人間は完璧ではありません。それは知識でも同じですから、間違いを犯すことはあります。知識の説かれる正しい教えに従うのは、当たり前ですが、間違った教えと教えとは無関係なことに従う必要はありません。

具体例として、除名になった特専部員のことが出ていましたが、高森会長からの礼状に

「無常佛 疑いぬかせ 助け切る」

とあったそうです。親鸞会の無条件服従の教えでは、高森会長の言うことに間違いはないし、どんなことでもハイと信順する、つまりこれをこのまま正しいものとして受け取るべきと教えています。

親鸞会講師部員聖則
一、会長先生のご指示に無条件で従い、信心獲得を本と致します。
一、上司の指示は会長先生の命と心得ます。

しかし、それが正しいことでしょうか。明らかに間違っていることは、理性の残っている人なら分かる筈です。
それで、この礼状を代筆した秘書も、相談を受けた局長も間違いと流石に認識して訂正しています。その時の態度がどうであったかはともかくとして、高森会長の誤りを訂正したのは正しいことです。しかし、無条件服従という教えからいえば間違った行為となりますので、ここに矛盾があります。本来はこの歌で正しいと押し通したかったのでしょうが、余りにも明らかな、しかも最も心をかけるべき無上仏に対しての問題ですから、誤魔化すこともできず、渋々訂正せざるを得なかったというところでしょうか。

大体、不完全な人間を完全なものと考えよということ自体がおかしなことです。そんな教えがどこにありますか。そういえば『往生要集』を根拠にされた奇特な方もありましたがお笑いです。

では何に依るべきか。それについて教えられたのが四依です。『教行信証』化土巻にあるお言葉と、その解説をした書物がありますのでそれを読んでみて下さい。


『教行信証』化土巻

『大論』(大智度論)に四依を釈して云わく、涅槃に入りなんとせし時、もろもろの比丘に語りたまわく、「今日より法に依りて人に依らざるべし、義に依りて語に依らざるべし、智に依りて識に依らざるべし、了義経に依りて不了義に依らざるべし」と。「法に依る」とは、法に十二部あり。この法に随うべし、人に随うべからず。「義に依る」とは、義の中に好悪・罪福・虚実を諍うことなし。かるがゆえに語はすでに義を得たり、義は語にあらざるなり。人、指をもって月を指う、もって我を示教す、指を看視して月を視ざるがごとし。人、語りて言わん、「我指をもって月を指う、汝をしてこれを知らしむ、汝何ぞ指を看て月を視ざるや」と。これまたかくのごとし。語は義の指とす、語は義にあらざるなり。これをもってのゆえに、語に依るべからず。「依智」とは、智はよく善悪を籌量し分別す。識は常に楽を求む、正要に入らず、このゆえに「不応依識」と言えり。「依了義経」とは、一切智人います、仏第一なり。一切諸経書の中に仏法第一なり。一切衆の中に比丘僧第一なり。無仏世の衆生を、仏、これを重罪としたまえり、見仏の善根を種えざる人なり、と。
 しかれば末代の道俗、善く四依を知りて法を修すべきなりと。
 


存覚上人著『六要鈔』

次に『大論』の文、四依の釈なり。その意は顕著なり。委しく述ぶるに能わず。「依義」の下、「如人」等とは、指を以て語に譬え、月を以て義に喩う。玄悟の賓は直爾〈すぐ〉に月を看て指を見ざるなり。「依了義」の下、「有一」等とは、了・不了の義は諸経の異説。諸宗の所談、領解まちまちなれども、今教の宗はただ仏説を以て了義経とす。この論灼然なり。『大経』の下に云わく「如来の智慧海は深広にして涯底なし。二乗の測る所にあらず。ただ仏のみ独り明了なり」已上。弥陀の五智深奥の理は、三乗・五乗はその境界にあらず。この故に今、菩薩等の説は信用に足らざることを談ず。この義を以ての故に、了義経の名は仏説に被らしむるなり。深心の釈(散善義)に云わく「仏を除きて已還は、智行未だ満たせず。その学地に在り。正習ありて、二障未だ除こらず、果願未だ円かならざるに由りて、これらの凡聖は、たとい諸仏の教の意を測量すれども、未だ決了すること能わず。平章することありと雖も、かならず須く仏証を請して定とすべきなり」已上。「一切衆中比丘」等とは、問う、仏を除きて已還はみな所信にあらず。今の釈の如きは、これを用うべきや。答う、信用する所の仏自口説・了義経とは、所説の理に約す。「今比丘僧第一」等とは、無仏世の時、その形体に約してこれを判ずる所なり。


星野元豊著『講釈 教行信証』

 竜樹菩薩は『大智度論』において修行者の依るべき教訓として四つあることを説いている。釈尊が涅槃に入ろうとされるとき、もろもろの比丘たちに語られた。お前たちは今日からはまず第一にどこまでも教法に依りどころを求めるべきであって、人に依ってはならない。第二に教法の意味道理によるべきであって、単なる表面上の語句に依ってはならない。第三には、智慧に依るべきであって情識に依るべきではない。「識」には「シルニ」の左訓がなされている。理性的概念的な知識の意味であろう。仏教における真実の智慧と単なる概念的知識とは本質的に異なっている。更に智慧は感情とも異なっている。ここは智慧に依るべきで概念や感情に左右されるなといわれているのである。第四には了義経(教の義理を完全にあらわしている経典)によるべきであって、不了義経(不完全な経典)によってはならない。
 法に依るというのは、仏の教説は十二部に分類されているが、いずれにしても仏の教説に従うべきであって、その教説を説く人に従ってはならない。人ということになると、人によってその説き方なり、解釈の相違も出てくるであろうから、人に随ってはならない。
 義に依れということはどういうことかといえば、そもそも意味・論理の中に好きとか嫌いとか、罪悪とか福徳とか、虚偽とか真実とかをあらそうことはない。意味・論理にはそのような争いの対立はない。言語というものはすでに意味・論理というものを表わすことを目指したものである。意味・論理はそのまま即言語ではない。たとえば人が指で月を指して私に教えるばあい、指だけを視て月をみないならばその人はいうであろう。わたしは指で月を指してあなたに教えているのに、あなたはどうして指を見て肝心の月をみようとしないのですかと。いまそれと同じで、言葉というものは、その意味を指す指のようなものである。言葉は意味ではない。だから言葉にとらわれてはならないのである。
 第三に智に依るというのは、智慧はよくものの善悪をはかって分別するものである。それに対して心情的なものは常にただ楽しみのみを求めるものである。それで生死を出離するという正しい肝心なことに気付かぬのである。それであるから識(心情的なもの)によるべからず、智慧に依らねばならぬといっているのである。
 了義経に依るということは、完全な教を説いた経典に依れということであるが、その次の「一切智人います仏第一なり。…」とどのように続くのであろうか。おそらくいろいろな智者といわれる人はいるが、それらの中で仏は第一である。だから仏の説いた了義経は第一にすぐれた完全なものであるという意味であろう。それだからまた経典といわれているものは多いが、仏法の経典は第一位に位するものである。いろいろな人のいるなかで無仏の世の人たちを仏は重罪の者であるとされた。何故ならそれらは仏を身たてまつるという善根を植えない人たちであるからである。この無仏の世の人たちについての文は理解しにくいが、親鸞の意をくんで解してみよう。無仏の世は末世であり、そこに生を享けた人は不幸な人たちといわねばならない。見仏の善根のないいわゆる無宿善の機である。無仏の世はこのような仏をみる機会がない。仏を見ない者は真実を見ない者である。真実を知らないから、自己の真実がいかなるものであるかも知らない。自己を知らないから自己が仏によって在らしめられていることを知らない、あくまでも自主独立的に在ると思っている。それは全く仏に背いた者として重罪といわれるに値するであろう。いまここでは、第一の智人たる仏と衆生中の第一の比丘僧と重罪無宿善の者の三者があげられている。文章の上からいえば、「了義経とは…」とあるから、了義経の説明といわねばならない。とすれば、了義経の第一は一切智人のうちの第一の仏の説いた経であり、仏法第一であるから、仏法の説かれている仏教経典が了義経であることを示したものであるといえよう。そしてこの了義経によって修道する比丘僧は衆生中の第一であり、仏について知らない者、換言すれば了義経を知らない者は重罪の者であるということである。
 それであるから末代の出家や在家の人たちはよくこの四依を知って、心して道を求め法を修すべきである、と結ばれている。

 『大論』に釈してとあるが、ここの引文は『大智度論』そのままではなく、取捨があり、書き加えたところもあるが、一々吟味する必要はなかろう。ここはむしろ親鸞の文として、そのまま解すべきである。それにしても「了義経とは……」の文は極めて理解しにくいため、先輩はいろいろとこれについて論じているが、いまはわずらわしくそれを紹介するほどのことでもないので、止めたいと思う。それよりもここで肝心なことは「了義経に依れ」ということである。そして了義経とは仏、仏法、比丘僧を完備して説かれている経をいうのである。また無仏世の衆生とは、末世のわれわれのことをいっているのである。心をひそめて読むならば、末世の衆生は了義経によれという意図を理解することができるのであろう。
 親鸞は「しかれば末代の道俗よく四依を知って法を修すべきなり。」と結んでいる。わたくしは親鸞の浄土真宗の末学はなによりもこの句を肝に銘じて忘れてはならないと思う。
 仏はいよいよ涅槃に入ろうとした時、こういっている。「法に依って、人に依らざるべし」と。これは言葉を換えていえば、私が云ったから尊いのであり、真実であるのではなくして、法なるが故に真実なのであり、尊重すべきなのだと。しかもそれをわざわざ説明して、法に依れとは、法はその説き方に十二の説き方があるけれども、その説き方にまどうことなく、それを説く人に随うことなく、その説かれた教法の真髄をつかむべきだと。ここでは前文の仏説なるが故に信用すべきだということと矛盾するようであるが、しかしむしろここでこそ、前文の本当の意味するところが理解されるであろう。仏説の仏とは人間釈尊その人をいうのではなくして、仏となった仏釈尊そのもの、仏そのものをいうのである。そこでは人間釈尊が説いているのではなくして、法と一体の仏それ自身、あるいはもっと適切には法としての仏が説いているのだといえよう。仏とは生きた法そのものである。従って大乗が釈尊金言口の説法でなくとも、そのことによって大乗仏教としての浄土三部経の価値は微塵も損ぜられない。たとえ人間釈尊より時代が隔たって説かれたものであっても、依然として仏説なのである。前文の仏説は「法に依って人に依らざるべし」という、ここの文を根底においてこそ正しく理解されうるといえよう。



浄土真宗教学研究所編『顕浄土真実教行証文類-現代語版-』

 『大智度論』に、四つの依りどころについて次のようにいわれている。
 「釈尊がまさにこの世から去ろうとなされるとき、比丘たちに仰せになった。<今日からは、教えを依りどころとし、説く人に依ってはならない。教えの内容を依りどころとし、言葉に依ってはならない。真実の智慧を依りどころとし、人間の分別によってはならない。仏のおこころが完全に説き示された経典を依りどころとし、仏のおこころが十分に説き示されていない経典に依ってはならない。
 教えを依りどころとするとは、仏の説いた教えには十二部経があり、この教えにしたがうべきであって、説く人にしたがってはならないということである。教えの内容を依りどころとするとは、教えの内容に、よいと悪い、罪と功徳、嘘とまことなどの違いをいうことなく、だから言葉は教えの内容を表わしているものであって、教えの内容が言葉そのものなのではない。言葉に依って教えの内容に依らないのは、人が月を指さして教えようとするときに、指ばかりを見て月を見ないようなものである。その人は、《わたしは月を指さして、あなたに月を知ってもらおうとしたのに、あなたはどうして指を見て月を見ないのか》というであろう。これと同じである。言葉は教えの内容を指し示すものであって、言葉そのものが教えの内容であるわけではない。このようなわけで、言葉に依ってはならないのである。真実の智慧を依りどころとするとは、真実の智慧に依れば善と悪とをよく考えてその違いを知ることができるが、人間の分別は常に楽しみを求め、さとりへ向かう正しい道に入ることができないということである。だから、人間の分別に依ってはならないといったのである。真実を完全に説き示した経典を依りどころとするとは、智慧あるものすべての中で仏を第一とし、教えを受けるものすべての中で出家のものを第一とするということである>と。
 仏のおられない世の衆生を、仏は罪が重いとされた。これは仏を見たてまつる功徳を積まなかった人なのである」
 このようなわけであるから、末法の時代の出家のものも在家のものもこの四つの依りどころをよく知って仏法を修めなければならない。



さて、皆さんはどのように理解されましたでしょうか。

古い学者の説を押しつけようとしているのは、「指を見て月を見ていない」人でしょう。解釈は学者によって異なって当然です。
また存覚上人が引用された『大無量寿経』と『散善義』のお言葉をどのように解釈しているのでしょうか。
星野氏が「人ということになると、人によってその説き方なり、解釈の相違も出てくるであろうから、人に随ってはならない。」と書かれたことをよく考えてみるべきです。

しかし、言葉に囚われて、指を見て月を見ていないといわれてている本人は、それが自分のことという自覚がないので理解できず、下らないことをいつまでも言い続けるのでしょう。
御苦労なことです。
スポンサーサイト

2009-10-31

善知識には無条件服従しなければならないのか 6

『改邪鈔』の「一 本願寺聖人の御門弟と号する人々のなかに、知識をあがむるをもって弥陀如来に擬し、知識所居の当体をもって別願真実の報土とすという、いわれなき事。」について「幹部会員歴数十年」様よりコメントを頂きました。
前回と今回は、「M野氏ではないyo」氏から、このお言葉が、善知識への無条件服従が間違いである根拠になっていないとの反論に答えるかたちで書いていますので、御了承下さい。

私が「善知識には無条件服従しなければならないのか 3」で挙げた根拠が何を意味しているのか、分かる人には容易に分かることが、とにかく否定したいだけの人には分からないか、あるいは分かりたくないのでしょう。私の意図は、以下のコメントにすべて凝縮されています。

-------------------------------------

『改邪鈔』
一 本願寺聖人の御門弟と号する人々のなかに、知識をあがむるをもって弥陀如来に擬し、知識所居の当体をもって別願真実の報土とすという、いわれなき事。

(中略)
 善知識において、本尊のおもいをなすべき条、渇仰の至りにおいてはその理しかるべしといえども、それは仏智を次第相承しまします願力の信心、仏智よりもよおされて、仏智に帰属するところの一味なるを仰崇の分にてこそあれ、仏身・仏智を本体とおかずして、ただちに凡形の知識をおさえて「如来の色相と眼見せよ」とすすむらんこと、聖教の指説をはなれ、祖師の口伝にそむけり。本尊をはなれて、いずくのほどより知識は出現せるぞや。荒涼なり、髣髴なり。実語をつたえて口授し、仏智をあらわして決得せしむる恩徳は、生身の如来にもあいかわらず、木像ものいわず経典くちなければ、つたえきかしむるところの恩徳をみみにたくわえん行者は、謝徳のおもいを専らにして、如来の代官と仰いであがむべきにてこそあれ、その知識のほかに別の仏なしということ、智者にわらわれ愚者をまよわすべきいいこれにあり、あさまし、あさまし。




【石田瑞磨著『親鸞全集』より現代語訳】

一 本願寺の聖人の門弟と名のるひとびとの中に、師を崇めて阿弥陀如来になぞらえ、師の住む住居を阿弥陀仏がとくに誓いを立ててつくられた真実の浄土とするということは、理由がないということ。

(中略)
 師を本尊のように思わなければならないということは、心底より尊敬を捧げる分には理として当然であるけれども、それは、仏の智慧を承けつがれた阿弥陀仏の誓いによって与えられた信心が、仏の智慧に導かれて、仏の智慧に帰属し、それと一体となる辺を尊崇する分際でなくてはならない。仏の身体・仏の智慧を本体と立てないで、ただちに愚かなひとと変わらない師をおさえて、「いまここに拝する師を如来のお姿と見よ」と勧めるらしいが、それは聖教の説く所を離れ、祖師聖人が親しく伝えられた教えにも背くものである。大尊を離れて、どこからあらわれて来たのであるか。口からでまかせで、支離滅裂の説である。ただ師が真実の言葉を承けてそれを親しく授け、仏の智慧を明らかにして正否の判断を与えられた恩徳は、生身の仏から受けるものと少しも変わらない。木像は物を言わないし、経典には口がないから、これに代わって教えを伝え聞かせるお徳を耳に蓄えた念仏者は、ひとえに徳を謝する思いに住し、如来の「代官」と仰いで、崇めるのであるが、しかしこの師のほかに別に仏はないというならば、智者に笑われ、愚者を迷わすにちがいないといわれるであろうが、その理由もまたここにあるのである。誠に浅ましいことである。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
『改邪鈔』のこの部分は、親鸞会そのままです。
長年幹部会員をしている人なら分かりますが、親鸞会には建て前と本音の二重構造があるのです。阿弥陀仏と高森会長との関係もそうです。
建て前では、阿弥陀仏一仏に向かえ、と教えています。
しかし、本音である実際の教えは、高森会長によって地獄も極楽も決まるかのように教えています。
高森会長の指示は絶対で、高森会長から背いたり、離れたら絶対に助からない、と徹底されています。その実例は退会者の体験談でいくつも挙げられていますが、元講師部員の「私の白道」であったり、「さよなら親鸞会」の除名になった特専部員の手記であります。
高森会長から離れたら助からない、というのならば、高森会長が除名にした人は絶対に助からないことになります。しかし、助けるのは阿弥陀仏のお仕事であって、高森会長ではありません。実質的に、「高森会長のほかに別の仏なし」です。
正本堂において、会長関係の施設だけで、4~5億円費やしたといわれています。建設費だけですから、備品や装飾品も併せればもっとかかっているでしょう。それに対して、阿弥陀仏を安置している仏間は2億円くらいと聞いています。
高森会長のための食事は、巨大な2つの厨房で専用の料理人を何人も付けて作っていますが、阿弥陀仏のお仏飯は、常住者の小さな古い厨房で常住者が交代で作っています。
高森会長の側近が高森会長にどのように接しているかを見れば、高森会長に深々と礼をして最大限に気を遣っています。阿弥陀仏よりも気を遣っているのは明らかです。

口では、一向専念無量寿仏ですが、実際は一向専念高森会長です。

「M野氏ではないyo」氏は、一般的な善知識だのみとは、ここは違う意味だから、管理人さんの解釈はおかしいといいたいのでしょう。しかし、親鸞会の本当の姿を知っている人からいえば、『改邪鈔』で仰っている邪義は、親鸞会そのままです。
このブログは、その名の通り、親鸞会教義の誤りを指摘することにあります。管理人さんは、親鸞会の実体を踏まえられてこの御文を根拠とされたのですから、建て前論で押し通そうとする「M野氏ではないyo」氏と話があう訳がありません。

親鸞会の会員と号する人々のなかに、高森会長をあがむるをもって弥陀如来に擬し、高森会長所居の当体をもって別願真実の報土とすという、いわれなき事

これが親鸞会の真実です。
2009-10-31 15:22 : 幹部会員歴数十年

--------------------------------------

正本堂でも阿弥陀仏の真上に200畳の自分と家族の部屋を造って、平然としている。
救われたという弟子が現われれば、あれは異安心だと認定して除名にする。
家族が勤行をしていなくても当たり前ですし、自分もしていないから、大衆の前で間違える。
高森会長自身が、自分は阿弥陀仏より偉いと思っている証拠です。
その実情を無視して下らない議論をすることに意味は全くありません。時間の無駄です。

高森会長も、直弟子も、そして未だ目の覚めない会員も、皆、

高森会長をあがむるをもって弥陀如来に擬し、高森会長所居の当体をもって別願真実の報土とす

となっていることを自覚しなさい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。