--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-10-31

善知識には無条件服従しなければならないのか 6

『改邪鈔』の「一 本願寺聖人の御門弟と号する人々のなかに、知識をあがむるをもって弥陀如来に擬し、知識所居の当体をもって別願真実の報土とすという、いわれなき事。」について「幹部会員歴数十年」様よりコメントを頂きました。
前回と今回は、「M野氏ではないyo」氏から、このお言葉が、善知識への無条件服従が間違いである根拠になっていないとの反論に答えるかたちで書いていますので、御了承下さい。

私が「善知識には無条件服従しなければならないのか 3」で挙げた根拠が何を意味しているのか、分かる人には容易に分かることが、とにかく否定したいだけの人には分からないか、あるいは分かりたくないのでしょう。私の意図は、以下のコメントにすべて凝縮されています。

-------------------------------------

『改邪鈔』
一 本願寺聖人の御門弟と号する人々のなかに、知識をあがむるをもって弥陀如来に擬し、知識所居の当体をもって別願真実の報土とすという、いわれなき事。

(中略)
 善知識において、本尊のおもいをなすべき条、渇仰の至りにおいてはその理しかるべしといえども、それは仏智を次第相承しまします願力の信心、仏智よりもよおされて、仏智に帰属するところの一味なるを仰崇の分にてこそあれ、仏身・仏智を本体とおかずして、ただちに凡形の知識をおさえて「如来の色相と眼見せよ」とすすむらんこと、聖教の指説をはなれ、祖師の口伝にそむけり。本尊をはなれて、いずくのほどより知識は出現せるぞや。荒涼なり、髣髴なり。実語をつたえて口授し、仏智をあらわして決得せしむる恩徳は、生身の如来にもあいかわらず、木像ものいわず経典くちなければ、つたえきかしむるところの恩徳をみみにたくわえん行者は、謝徳のおもいを専らにして、如来の代官と仰いであがむべきにてこそあれ、その知識のほかに別の仏なしということ、智者にわらわれ愚者をまよわすべきいいこれにあり、あさまし、あさまし。




【石田瑞磨著『親鸞全集』より現代語訳】

一 本願寺の聖人の門弟と名のるひとびとの中に、師を崇めて阿弥陀如来になぞらえ、師の住む住居を阿弥陀仏がとくに誓いを立ててつくられた真実の浄土とするということは、理由がないということ。

(中略)
 師を本尊のように思わなければならないということは、心底より尊敬を捧げる分には理として当然であるけれども、それは、仏の智慧を承けつがれた阿弥陀仏の誓いによって与えられた信心が、仏の智慧に導かれて、仏の智慧に帰属し、それと一体となる辺を尊崇する分際でなくてはならない。仏の身体・仏の智慧を本体と立てないで、ただちに愚かなひとと変わらない師をおさえて、「いまここに拝する師を如来のお姿と見よ」と勧めるらしいが、それは聖教の説く所を離れ、祖師聖人が親しく伝えられた教えにも背くものである。大尊を離れて、どこからあらわれて来たのであるか。口からでまかせで、支離滅裂の説である。ただ師が真実の言葉を承けてそれを親しく授け、仏の智慧を明らかにして正否の判断を与えられた恩徳は、生身の仏から受けるものと少しも変わらない。木像は物を言わないし、経典には口がないから、これに代わって教えを伝え聞かせるお徳を耳に蓄えた念仏者は、ひとえに徳を謝する思いに住し、如来の「代官」と仰いで、崇めるのであるが、しかしこの師のほかに別に仏はないというならば、智者に笑われ、愚者を迷わすにちがいないといわれるであろうが、その理由もまたここにあるのである。誠に浅ましいことである。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
『改邪鈔』のこの部分は、親鸞会そのままです。
長年幹部会員をしている人なら分かりますが、親鸞会には建て前と本音の二重構造があるのです。阿弥陀仏と高森会長との関係もそうです。
建て前では、阿弥陀仏一仏に向かえ、と教えています。
しかし、本音である実際の教えは、高森会長によって地獄も極楽も決まるかのように教えています。
高森会長の指示は絶対で、高森会長から背いたり、離れたら絶対に助からない、と徹底されています。その実例は退会者の体験談でいくつも挙げられていますが、元講師部員の「私の白道」であったり、「さよなら親鸞会」の除名になった特専部員の手記であります。
高森会長から離れたら助からない、というのならば、高森会長が除名にした人は絶対に助からないことになります。しかし、助けるのは阿弥陀仏のお仕事であって、高森会長ではありません。実質的に、「高森会長のほかに別の仏なし」です。
正本堂において、会長関係の施設だけで、4~5億円費やしたといわれています。建設費だけですから、備品や装飾品も併せればもっとかかっているでしょう。それに対して、阿弥陀仏を安置している仏間は2億円くらいと聞いています。
高森会長のための食事は、巨大な2つの厨房で専用の料理人を何人も付けて作っていますが、阿弥陀仏のお仏飯は、常住者の小さな古い厨房で常住者が交代で作っています。
高森会長の側近が高森会長にどのように接しているかを見れば、高森会長に深々と礼をして最大限に気を遣っています。阿弥陀仏よりも気を遣っているのは明らかです。

口では、一向専念無量寿仏ですが、実際は一向専念高森会長です。

「M野氏ではないyo」氏は、一般的な善知識だのみとは、ここは違う意味だから、管理人さんの解釈はおかしいといいたいのでしょう。しかし、親鸞会の本当の姿を知っている人からいえば、『改邪鈔』で仰っている邪義は、親鸞会そのままです。
このブログは、その名の通り、親鸞会教義の誤りを指摘することにあります。管理人さんは、親鸞会の実体を踏まえられてこの御文を根拠とされたのですから、建て前論で押し通そうとする「M野氏ではないyo」氏と話があう訳がありません。

親鸞会の会員と号する人々のなかに、高森会長をあがむるをもって弥陀如来に擬し、高森会長所居の当体をもって別願真実の報土とすという、いわれなき事

これが親鸞会の真実です。
2009-10-31 15:22 : 幹部会員歴数十年

--------------------------------------

正本堂でも阿弥陀仏の真上に200畳の自分と家族の部屋を造って、平然としている。
救われたという弟子が現われれば、あれは異安心だと認定して除名にする。
家族が勤行をしていなくても当たり前ですし、自分もしていないから、大衆の前で間違える。
高森会長自身が、自分は阿弥陀仏より偉いと思っている証拠です。
その実情を無視して下らない議論をすることに意味は全くありません。時間の無駄です。

高森会長も、直弟子も、そして未だ目の覚めない会員も、皆、

高森会長をあがむるをもって弥陀如来に擬し、高森会長所居の当体をもって別願真実の報土とす

となっていることを自覚しなさい。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。