--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-08-01

親鸞会は諸行往生9

二双四重の教判は、真宗教義の基本中の基本ですが、それさえも親鸞会は理解できていないことが明らかです。
最近、親鸞会を辞められた方からのコメントを多く頂きます。的を得た内容であり、親鸞会を辞めた方、親鸞会外部の方は、高森会長よりも余程二双四重の教判を勉強していることが分かります。
http://shinrankaiuso.blog76.fc2.com/blog-entry-31.html#cm

前回書きましたように、『教行信証』信巻以外にも二双四重の教判について書かれています。

『教行信証』化土巻にも


おほよそ一代の教について、この界のうちにして入聖得果するを聖道門と名づく、難行道といへり。この門のなかについて、大・小、漸・頓、一乗・二乗・三乗、権・実、顕・密、竪出・竪超あり。すなはちこれ自力、利他教化地、方便権門の道路なり。
安養浄刹にして入聖証果するを浄土門と名づく、易行道といへり。この門のなかについて、横出・横超、仮・真、漸・頓、助正・雑行、雑修・専修あるなり。
正とは五種の正行なり。助とは名号を除きて以外の五種これなり。雑行とは、正助を除きて以外をことごとく雑行と名づく。これすなはち横出・漸教、定散・三福、三輩・九品、自力仮門なり。
横超とは、本願を憶念して自力の心を離る、これを横超他力と名づくるなり。これすなはち専のなかの専、頓のなかの頓、真のなかの真、乗のなかの一乗なり。これすなはち真宗なり。すでに真実行のなかに顕しをはんぬ。



とあります。
『愚禿鈔』にも


聖道・浄土の教について、二教あり。
 一には大乗の教、      二には小乗の教なり。
大乗教について、二教あり。
 一には頓教、        二には漸教なり。
頓教について、また二教・二超あり。
 二教とは、
  一には難行聖道の実教なり。いはゆる仏心・真言・法華・華厳等の教なり。
  二には易行浄土本願真実の教、『大無量寿経』等なり。
 二超とは、
  一には竪超  即身是仏・即身成仏等の証果なり。
  二には横超  選択本願・真実報土・即得往生なり。
漸教について、また二教・二出あり。
 二教とは、
  一には難行道 聖道権教、法相等、歴劫修行の教なり。
  二には易行道 浄土の要門、『無量寿仏観経』の意、定散・三福・九品の教なり。
 二出とは、
  一には竪出  聖道、歴劫修行の証なり。
  二には横出  浄土、胎宮・辺地・懈慢の往生なり。
小乗教について、二教あり。
 一には縁覚教    一に麟喩独覚、二に部行独覚。
 二には声聞教なり。 初果・預流向、第二果・一来向、第三果・不還向、
           第四果・阿羅漢向、八輩なり。
ただ阿弥陀如来の選択本願(第十八願)を除きて以外の、大小・権実・顕密の諸教は、みなこれ難行道、聖道門なり。また易行道、浄土門の教は、これを浄土回向発願自力方便の仮門といふなりと、知るべし。



とあります。

横超である18願以外の竪超・竪出・横出は、自力の法門であり、方便の仮門であるということです。ここで言われている方便とは、権仮方便のことです。

権仮方便については、「21世紀の浄土真宗を考える会」でも度々説明されていますので、詳しくはそちらをご覧になって下さい。簡単に解説すれば、真実の18願を受け入れることができない人を、18願へ導くために一時的に用いられる方便のことです。親鸞会で説くような外道の因果の道理を信じている人には、18願はとても受け入れられるものではありません。前回述べた通りです。そんな外道の人には聖道仏教を教え、19願、20願へ導かれて最後は、18願へ入れしめんとするものです。つまり、18願を聞いて既に知っていて、18願での救いを求めている人には、不要なものであり捨て去るべきものが、権仮方便です。

権仮方便についての親鸞聖人の御言葉は、『教行信証』化土巻


これによりて方便の願(第十九願)を案ずるに、仮あり真あり、また行あり信あり。願とはすなはちこれ臨終現前の願なり。行とはすなはちこれ修諸功徳の善なり。信とはすなはちこれ至心・発願・欲生の心なり。この願の行信によりて、浄土の要門、方便権仮を顕開す。


とありますし、『浄土和讃』大経讃には、


念仏成仏これ真宗
 万行諸善これ仮門
 権実真仮をわかずして
 自然の浄土をえぞしらぬ

聖道権仮の方便に
 衆生ひさしくとどまりて
 諸有に流転の身とぞなる
 悲願の一乗帰命せよ



とあります。
親鸞会では、聖道仏教と19願を区別して、聖道仏教は捨てなければならないが、19願は必ず通らなければならないとして、諸善を勧めています。
二双四重の教判は、横超のみが真実で、竪超・竪出・横出は権仮方便とされたものです。ですから権仮方便ということで、親鸞聖人は聖道仏教も19願も同列に扱っておられます。

『一念多念証文』には、


おほよそ八万四千の法門は、みなこれ浄土の方便の善なり。これを要門といふ。これを仮門となづけたり。
この要門・仮門といふは、すなはち『無量寿仏観経』一部に説きたまへる定善・散善これなり。定善は十三観なり、散善は三福九品の諸善なり。これみな浄土方便の要門なり、これを仮門ともいふ。この要門・仮門より、もろもろの衆生をすすめこしらへて、本願一乗円融無碍真実功徳大宝海にをしへすすめ入れたまふがゆゑに、よろづの自力の善業をば、方便の門と申すなり。
いま一乗と申すは本願なり。



といわれています。

聖道仏教にしても、19願にしても、諸善を修して救われようとするものです。18願で誓われたことはとても信じられず、善をしなければ救われる筈がない、というものです。方便と思って、善が間に合わない自分と知らされるために実行するというような教えではありません。
しかし親鸞会では、善のできない自分と知らされることを目的にして、善をしなければ信仰は進まない、という珍説を唱えているのです。
もし18願に入るためには19願が必要なら、聖道仏教も同様に必要であり、しなければならないことになってしまいます。
もっとも、最近の親鸞会では、親鸞聖人の比叡山での御修行も18願の救いに関係付けているようですから、二双四重の教判とは似ても似つかない教えになっており、そういった意味では現在は矛盾しないのかもしれません。


『教行信証』信巻には


律宗の用欽のいはく、「法の難を説くなかに、まことにこの法をもつて凡を転じて聖となすこと、なほし掌を反すがごとくなるをや。大きにこれ易かるべきがゆゑに、おほよそ浅き衆生は多く疑惑を生ぜん。すなはち『大本』(大経・下)に〈易往而無人〉といへり。ゆゑに知んぬ、難信なり」と。


とありますように、掌を返すがごとく、大いに易しいのが、18願の救いです。しかし、余りにも易しいが故に、信じることができないと仰っています。難信易行といわれる所以ですが、親鸞会は、30年、40年求めた位で雑行がわかるものではないと教え、その行の実践が非常に難しいです。その上、信心を獲ることは不可能といっても過言ではありませんので、難信難行、難往而無人の教えです。


『教行信証』化土巻にある


しかれば、それ楞厳の和尚(源信)の解義を案ずるに、念仏証拠門(往生要集・下)のなかに、第十八の願は別願のなかの別願なりと顕開したまへり。『観経』の定散の諸機は、極重悪人、ただ弥陀を称せよと勧励したまへるなり。濁世の道俗、よくみづからおのれが能を思量せよとなり、知るべし。


との親鸞聖人の御言葉は、親鸞会の誤りを痛烈に非難されたものです。

親鸞会、よくみづからおのれが能を思量せよとなり、知るべし。

親鸞聖人が勧められていることと捨てよと仰っていることが、親鸞会で言っていることと同じなのか異なるのか、よく考えて下さい。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

高森会長の教義もここまでくると、私には単なる間違いとは思えません。
高森会長は親鸞聖人が何を教えられたか以前に、阿弥陀仏を軽視しているとしか思えませんね。

Re: タイトルなし

> 高森会長の教義もここまでくると、私には単なる間違いとは思えません。
> 高森会長は親鸞聖人が何を教えられたか以前に、阿弥陀仏を軽視しているとしか思えませんね。

全くその通りだと思います。
浄土真宗ではないことははっきりしていますが、何を目指した、何を目的にした団体なのかが、様々な方の証言で明らかになってきました。

現会員の方にも、そのことに早く気が付いて欲しいものです。

度々コメントさせて頂いております。

親鸞会の会員は、教行信証の構成すらわかっていません。

私も会にいた頃はわかっていませんでした。

一番最初の【一・標挙】を見ただけでもお分りになると思います。

教巻:大無量寿経
真実の教 浄土真宗

行巻:諸仏称名の願(17願)
浄土真実の行 選択本願の行

信巻:至信信楽の願(18願)
正定聚の機

証巻:必至滅度の願(11願)
難思議往生

真仏土巻:光明無量の願(12願) 寿命無量の願(13願)

化身土巻:至心発願の願(19願) 邪定聚の機、雙樹林下往生、『無量寿仏観経』の意なり。
至心廻向の願(20願) 不定聚の機、難思往生、『阿弥陀経』の意なり。


18願を、11願・12願・13願・17願・18願に開かれて、真実の教・行・信・証・真仏・真土を明らかにされたのが真仏土巻までの内容です。

ところが、願海には真実と方便があり、方便の人は真実の世界(報土)へは往けず、方便の世界(化土)にとどまります。

そして今は方便の世界と、なぜ方便の世界にとどまるのかについて明らかにしましょう、ということで化身土巻が説かれます。

方便の行をやったからと言って真実の世界へ入れるわけではありません。

真実の世界へ入るには真実の行でなければならないのは当然で、親鸞聖人はそれを明らかにしてきました。

18願真実の世界を白、19願・20願方便の世界を黒とすると、白を際立たせるために黒を持ってきて比較するという説き方です。

方便(仮)を捨てて真実(真)に入れというのが親鸞聖人の教えですから、覚如上人は「真宗の門においては、幾度も廃立を先とせり」と教えられました。

また、方便(自力)を捨てて真実(他力)に帰せよというのが親鸞聖人の教えですから、覚如上人は「今の真宗においては、専ら自力をすてて他力に帰するをもって宗の極致とする」とも教えられました。

今の親鸞会は化身土巻に腰を据えた教えですから、真実の教えとは絶対に言われません。

親鸞会の教行信証は、

教:観無量寿経
行:修諸功徳の善(という名の人集め・金集め)
信:至心・発願・欲生の心(実態は目標額・目標人数達成のための名聞利養の心)
証:善ができない自分

となってますから救いはありません。

Re: タイトルなし

真偽検証 様

親鸞会に対する素晴らしい考察だと思います。

なぜ親鸞会が、方便化身土文類を殊更重視するのかが本願寺も紅楳師も理解されていませんでした。

「21世紀の浄土真宗を考える会」で方便についての解説がありまして、方便の意味が全くわかっていないからだったのかと紅楳師も納得されました。

浄土真宗という土俵の上で論争するなら、最低限の知識を持っていなければ、会話が成立しません。
本願寺と親鸞会との論争は、まさに会話の時点で成立していなかったのです。

また、コメントを宜しく御願いいたします。今後の参考にさせて頂きます。

ありがとうございます。

近年親鸞会では、アニメ解説と驚愕講義は毎回と言っていい位、19願に力を入れて話がされていました。

「臨終現前の願により~」のご和讃から、観無量寿経の定散二善の話ばかりするので、数年前の驚愕講義で「真実のお経は大無量寿経なのか、観無量寿経なのかわからなくなった」という質問があった位です。

このように化身土巻に執着している親鸞会ですが、親鸞聖人のお勧め通りに実行しているでしょうか?

親鸞聖人は、19願の人を導くために「それ濁世の道俗、速に円修至徳の真門に入りて、難思往生を願うべし」(化土巻)と勧めておられます。

「速に」というのはどういうことでしょうか?

親鸞会が言うように19願の善を実践して、できない我が身が知らされたら20願へ進みなさいということなのか?

それとも19願の善は雑行だから捨てて、直ちに20願へ進みなさいということなのか?



一体親鸞学徒というのはどういう人なのでしょう?

私は、親鸞聖人のお勧めに従い、親鸞聖人と一味平等の世界に出て、親鸞聖人の教えを一人でも多くの人にお伝えする人だと思います。

会長は親鸞聖人のお勧めとは別の事を説いていますから、親鸞会の教えは親鸞聖人の教えではなく、会長の教えです。

親鸞聖人のお勧めには無条件服従せず、会長の勧めに従うのであれば、それは親鸞学徒とは言えません。

この事に会員は早く気がついてもらいたいと思います。

勿論親鸞聖人が私達に勧められていることは、「摂取不捨の真言、超世希有の正法、聞思して遅慮することなかれ」(総序)とあるように18願真実の救い1つだということも付記しておきます。

Re: タイトルなし

真偽検証 様

よく理解されていて素晴らしいです。

是非、現会員にも知ってもらいたいですね、自分たちが親鸞学徒ではないということを。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。